TGR

11/7(水)〜8(木)

作品名
東京芸術劇場ルーツ企画「書を捨てよ町へ出よう」

劇団名
札幌市教育文化会館

  • 公演会場
    札幌市教育文化会館
  • 公演日時
    7日(水)18:30、8日(木)18:30
  • 上演予定時間
    約130分
  • 料金
    [一般]4,000円、[教文ホールメイト会員]3,500円
    [U-25席]2,500円〈全席指定〉
    ※U-25席は教文プレイガイドのみ取扱。観劇時25歳以下対象。
    ※U-25席は身分証明書を提示して下さい。
    ※未就学児童入場不可。
  • チケット取扱先
    ・ローソンチケット(17661)
    ・大丸プレイガイド
    ・教文プレイガイド
    ・チケットぴあ
  • 作品紹介
    演劇界の伝説としていまなお熱く支持される「言葉の錬金術師」寺山修司の初期の代表作『書を捨てよ町へ出よう』を、次世代の演劇界を牽引する藤田貴大が2015年に独自の解釈で現代に蘇らせ、話題となった作品です。満を持しての再演にご期待ください。
  • 劇団紹介
    【藤田貴大プロフィール】
    マームとジプシー主宰/演劇作家・演出家。北海道伊達市出身。85年生まれ。
    象徴するシーンの繰り返しを別の角度から見せる映画的手法、そして音楽用語である”リフレイン”の概念を取り入れ、オリジナルの演劇手法を確立。『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で第56回岸田國士戯曲賞を26歳で受賞。『cocoon』で第23回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。
  • 作・演出など
    作/寺山 修司
    上演台本・演出/藤田 貴大(マームとジプシー)
  • お問合わせ(TEL)
    011-271-5822
  • ホームページ
    http://www.kyobun.org/