ART STREET


  • |みる・はなす|

    OPEN STUDIO
    オープンスタジオ

  • 会場
    SCARTS スタジオ(2F)
  • 日時
    公開制作期間:11月3日(土)~11日(日)
    展示期間:11月12日(月)~28日(水)

    ※11月9、10、11日はSCARTSスタジオに作家が滞在しています。
    11日のワークショップでは作家と交流することができます。
    (11月3~8日は作家本人は不在です)


▲展示風景:「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」森美術館、2016年
撮影:永禮 賢 写真提供:森美術館
作品展示+ワークショップ
ガラス張りのSCARTSスタジオで、作家が公開制作を行います。
「時計」を「目に見ることのできない時間という概念を、空間化する装置」と捉え、さまざまなメディアを活用して新しい形態の「時計」をつくります。
作品の制作過程にふれたり、作家と交流することができます。
山城大督(美術家・映像作家)
1983年大阪府生まれ。名古屋市在住。京都造形芸術大学講師。
映像の時間概念を空間やプロジェクトへ応用し、その場でしか体験できない《時間》を作品として展開。
2006年よりアーティスト・コレクティブ「Nadegata Instant Party」を結成し、「MOTアニュアル2012:風が吹けば桶屋が儲かる」(東京都現代美術館、2012)、「あいちトリエンナーレ2013」など全国各地で作品を発表。
主な展覧会に森美術館「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」。
第18回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品受賞。

テクニカルディレクター:岩田拓朗(SCARTS)

山城大督
「感受性のワークショップ—時を見つめる」

作品が展示された空間で、五感を使って体験する、幼児童を対象とした「感受性を豊かにする」ワークショップを行います。

  • 11月11日(日) 10:00-11:30
  • 対象:2歳〜小学2年(親子で参加できます)
  • 定員:12名
  • 会場:SCARTSスタジオ(2F)
  • 受付:事前受付

お申込み方法はこちら