市民記者募集

さっぽろアートステージでは、今年も「市民記者」を募集いたします。
下記の募集要領をご覧になり、「我こそは!」と思う方のご応募をお待ちしています。

●市民記者とは?
アートステージを楽しんでいただき、その感想やレポートを広くみなさんに発信していただく、文字通り「記者」としてご活躍いただく方たちのことです。
決して難しい内容ではありません。アートステージをとことん楽しんでいただけたらうれしいです。

●募集要領
■具体的な活動内容
①さっぽろアートステージ5部門のプログラムを取材し感想などの記事をブログに書いていただきます。
②さっぽろアートステージに参加するアーティストやスタッフを取材し、ブログに記事を書いていただきます。

■活動期間
・平成24年11月~12月中旬まで。
※お仕事をお持ちの方、学生さんでもOKです。ご都合の良い時間帯をお使いください。

■応募条件
・高校生以上で演劇やオペラ、現代アート、音楽などに興味のある方。高校生は保護者の許可が必要。(インターネット環境のあるパソコン、デジカメを保有している方を優先します)。

・演劇に関しては、観覧する演目が限定される場合があります。

・基本的に日々の連絡は、e-メールでのやりとりとなりますので、メールが使える方。

・ご家族から複数名でのお申込みはできません。

・規約をご確認いただき、同意していただいた方を市民記者として採用します。
(規約は内定後にご覧いただきます)

観覧いただいたものに対して(特に演劇)は必ずブログ原稿をUPすることが条件となります。

■応募方法・期間
・平成24年10月21日(日)までに、事務局あてに下記内容を記入の上、eメールにてお申込ください。
【info@s-artstage.com】
①お名前
②年齢
③連絡先電話番号(連絡のとれるもの)
④職業
⑤希望の取材内容
(「音楽」・「演劇」・「現代アート」からお選びください。オペラなど具体的に興味のあるものでもいいです。)
⑥その他メッセージなど
※選考のうえ、採用の可否に関わらず個別にご連絡いたします。
※10月23日を過ぎても、こちらから連絡がない場合は、メールの不着などが考えられますので、再度お問合わせください。

■謝礼等の報酬
・特にありません。交通費なども自己負担とします。ただし、観劇料など、さっぽろアートステージのプログラムとして実施しているものに関しては無料で観られることとします。