おめでとう!劇団千年王國!!
TGR札幌劇場祭2011大賞、結果発表!

いま、一番おもしろい舞台を決める、
TGR札幌劇場祭2011大賞の公開審査会が
12月4日(日)、cubegardenで開催され、
劇団千年王國の「狼王ロボ」が
見事大賞を受賞しました!おめでとうございます!!


今年の受賞者と審査員の皆さん。
イス席の中央が劇団千年王國の橋口幸絵さん。

 

今年は大賞・新人賞をあわせて計32団体がエントリー。
賞は当日の午前中に行われた事前審査会で
まず5つの大賞最終候補作品と新人賞が選ばれました。
ちなみに審査員の7人は、
本ページで紹介していますのでプロフィールなどをご参照ください。

さて事前審査会で決まった新人賞ですが、
こちらは劇団パーソンズの「ハローグッバイ」と
劇団アトリエの「もういちど」が激しく競り合い、
決選投票の末、わずかな差で劇団アトリエの「もういちど」に決まりました。

また、大賞最終候補作品には以下の作品が選ばれました。
●intro「蒸発」
(作・演出:イトウワカナ)

●人形劇団ぽっけ&ばおばぶ&ボクラ「ジャックと豆の木」
(原作:イギリス民話 演出:舛井正博<芝居のべんと箱>)

●劇団千年王國「狼王ロボ」
(原作:アーネスト・トンプソン・シートン 脚本・演出:橋口幸絵)

●弘前劇場「海辺の日々」(作・演出:長谷川孝治)

●劇団TPS「霜月小夜曲<ノヴェンバーセレナーデ>」
(作・演出・音楽:斎藤歩)

※公演順

公開審査会の様子。

そして迎えた公開審査会ではステージ上でエントリー作品の講評、
意見交換、そして最終投票が行われ、
大賞には劇団千年王國の「狼王ロボ」、
特別賞にはintroの「蒸発」と
弘前劇場の「海辺の日々」が選ばれました。

公開審査会では、このほかにも最終候補には残らなかったものの
高く評価された作品として、yhsの「忘れたいのに思い出せない」、
ANDの「ばらひまわり」、座・れらの「トランス」に
審査員奨励賞が贈られました。

また、さっぽろアートステージのキックオフイベント
(11/5・6、札幌駅前地下歩行空間)で一般の方々に
投票していただいたTGR参加作品フライヤーコンテストや、
今年からはじめたオーディエンス賞の結果発表も行われました。

公開審査会のあとには授賞式が行われ、
受賞者に賞状とトロフィー、そして大賞を受賞した劇団千年王國には
副賞として賞金20万円とエントリー料の全額6万4千円、
さらには翌年の再演支援金30万円、次回TGRの参加権(会場使用無料)が
贈られました。

大賞目録を手に。劇団千年王國の橋口幸絵さん。

演出賞を受賞したintroのイトウワカナさん。

作品賞を受賞した弘前劇場に代わってシアターZOOの笠島麻衣さん。

新人賞を受賞した劇団アトリエの小佐部明広さん。

さて、今年も無事、TGRが終了しました。
期間中劇場に、そして最終日の公開審査会に足を運んでくれた皆様、
本当にありがとうございました。

公開審査会では惜しくも賞を逃し涙を見せていた
劇団の方たちもいました。
賞と向き合うその真剣な姿に、多くのスタッフが、
あらためてこの賞の意味を考えさせられました。
あの日、涙を流した皆さん、
涙のぶんだけひとまわりもふたまわりも成長して
必ずまた来年のTGRに戻ってきてくださいね。

このあとこのページでは審査員の皆さんの講評を
掲載をしていきたいと思っています。ぜひチェックしてみてください。

ということで、TGR札幌劇場祭2011大賞・新人賞、
そのほかの結果は以下のとおりです。

●TGR札幌劇場祭2011大賞
劇団千年王國「狼王ロボ」
(原作:アーネスト・トンプソン・シートン 脚本・演出:橋口幸絵)

●特別賞<演出賞>
intro「蒸発」
(作・演出:イトウワカナ)

●特別賞<作品賞>
弘前劇場「海辺の日々」
(作・演出:長谷川孝治)

●新人賞
劇団アトリエ「もういちど」
(作・演出:小佐部明広)

記念撮影おふざけバージョン。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●審査員奨励賞
・yhs「忘れたいのに思い出せない」
(脚本・演出:南参)
・AND「ばらひまわり」
(作・演出:亀井健)
・座・れら「トランス」
(作:鴻上尚史 演出(指導):鈴木喜三夫)

●TGRフライヤーコンテスト優勝(同数のため2団体が優勝)
・ヨミガタリを楽しむ会「きりがたりシアター~ジャックと豆の木ほか~」
・ミュージカルユニットもえぎ色「Teardrop」

●オーディエンス賞
・TGR首位打者:劇団千年王國「狼王ロボ」
・TGRホームラン王:劇団千年王國「狼王ロボ」

※オーディエンス賞は舞台を観劇いただいた一般のお客様に
舞台終了後「星」の数でその作品を評価していただいたものです。
TGR首位打者は最も平均点が高かったものに、
TGRホームラン王は単純に最も星を多く獲得したものに贈られます。