• 「500m美術館」とは?
  • アーティストと作品紹介
アートステージとは
舞台芸術部門
学生音楽部門
音楽部門
美術部門
特別プログラム アート!ミート!マート!








参加アーティスト紹介
中里 麻沙子(画家)】
平塚翔太朗(画家/アニメーター)】
黒田晃弘(画家)+小学6年生60人】
YOMI(画家)】

中里 麻沙子(画家)
千葉県生まれ札幌在住の平面作家。中里の作品は一般的に難解と言われる抽象作品に見えるが実は具象的な絵画を描く画家である。抽象的とも思われる集積した色、大胆な筆使いの画面をよく見ると、そこには雄大な大樹が描かれているのがわかる。1900年代初頭に活躍した画家モンドリアンのように、具体的なモチーフから抽象に移行する様が感じられ、一般市民の皆様には抽象絵画を理解する糸口として鑑賞できる作風である。主な展覧会に第82回道展 入選。「01展」/アートスペース201(札幌)。今泉東子・中里麻沙子 二人展/コンチネンタルギャラリー(札幌)。「FIXMIXMAXアワード入選作品展」/GALLERY門馬(札幌)等。今回のアートステージでは、大型の油彩を壁面約7mを使い展示予定。

※作例

平塚翔太朗(画家/アニメーター)
札幌生まれ。東京造形大学デザイン学科卒業後、地元札幌を拠点に創作絵本、壁画、アニメーションの分野で活動。近年は、家族愛、家族熱、痴話喧嘩、友情…人と人の間に生まれる絆、喜怒哀楽の「熱」をテーマに、動的なストーリーのある絵画を描く。主な展覧会にJR TOWER3周年イベント ワン!ダフル アートパレード出展。オランダ ロッテルダムpoetry inter national festival アートワーク。主な制作に秀和システム 佐々木 俊尚「個人情報流出事件」挿絵制作。観覧車商業施設NORBESA 3階ワンフロア壁画制作。砂川市地域交流センター ゆう ステンドグラスデザイン他。今回のアートステージでは、約10mの壁面にベニヤ板10枚の壁画を展示予定。


※作例

黒田晃弘(画家)+小学6年生60人
05年、国内最大規模を誇る国際美術展「横浜トリエンナーレ05」で北海道から唯一日本代表アーティストに選出された黒田は、NHK新日曜美術館でも紹介されるなど現在コミュニケーションアートの第一人者として精力的な活動をみせている。人との対話や交流によって平面作品を創作する彼が今回のアートステージでは今年5月に札幌市内の二条小学校で子どもたち60名と似顔絵ワークショップを行った。その時完成した子どもたち作品を約60点と黒田本人の描いた先生二人の似顔絵を横一列に展示予定。

※作例

YOMI(画家)
YOMIはアートとは直接関係のない理由でニュージーランド・オーストラリアに留学中、絵を描くことの楽しみに突然目覚め、表現活動の世界に入った珍しい若手女性アーティスト。帰国後3年経つYOMIは札幌を中心に展覧会のみならずライブドローイングなどパフォーマンス活動も行い、彼女の持つ自由奔放な明るい性格も手伝ってか若い世代の中で人気急上昇。美術専門教育をほとんど経験していないYOMIの作品は、その性格と比例し自由奔放な大胆な色づかいと荒々しい筆使いに加え、大量のクレヨンやオイルスティック、アクリルペイントによるマチエールで物質感あふれ、描かれるモチーフも全て突拍子のないラブリー(可愛い)なフォルムで動物を描いています。今回のアートステージでは、YOMIが創る夢の動物達が1800×900ミリのパネル10枚に描かれ壁面に展示予定。


※作例

« 参加アーティスト紹介
高橋定大(映像作家/Webクリエイター)】
はなこ(映像ユニット)】
金谷 繁寿(造形作家)】
高橋喜代史(造形作家)】
 | 参加アーティスト紹介
中里 麻沙子(画家)】
平塚翔太朗(画家/アニメーター)】
黒田晃弘(画家)+小学6年生60人】
YOMI(画家)】 |  参加アーティスト紹介
米森ヒデキ(画家)】
sali(画家)】
»